電子部品の熱・電気・電磁波コントロール素材のことなら TOMOEGAWA
TOP > CSR情報 > 安全への取り組み

安全への取り組み

「安全最優先の徹底」を掲げ、ゼロ災職場の形成を目指しています。

当社は、社長方針の筆頭に「安全最優先の徹底」を掲げ、経営トップから現業職場まで職制の指導・職場の自主活動を通じて、無災害達成に向けて全員参加の「ゼロ」災活動・「ゼロ」災職場の形成を目指しています。
この活動は当社を中心に海外を含めたTOMOEGAWA グループ会社にも展開し、グループ全体で取り組んでいます。

労働災害撲滅の取り組み

当社では、「ゼロ」災活動、「ゼロ」災職場の形成は、安全に『王道は無し』『特効薬は無し』の気持ちを持って、一歩一歩着実に積み重ねています。

国内外グループ各社の労働災害発生内容を適宜把握し、社内の「異常苦情処理システム」で情報の共有に努めています。また、その是正処置の横展開に取り組んでいます。
さらに、グループの災害発生現場に安全衛生管理担当者を派遣し対策策定を行うこと、グループ各社担当者による安全診断を実施すること等、より一層の情報交換・対策の徹底を行っています。

安全衛生の取り組みとしては、TOMOEGAWAグループ共通で進めている危険の先取り(ヒヤリハット・KYT(危険予知トレーニング)・リスクアセスメント)、安全監査の実施、製造部門での研修会の開催、朝の立哨「あいさつ活動」など、役員から現業まで一体となって展開しています。近年は、海外グループ会社への安全活動支援も実施しています。
このような取り組みを、役員から現業まで一体となって行ってきた結果、安全な職場の風土は着実に根付いてきていると感じています。

なお、労働災害の推移や個々の取り組みの詳細は、毎年発行・報告している『社会・環境報告書』をご覧ください。


グループ会社へのKYトレーナー派遣と教育の様子


海外グループ会社での安全教育の様子

  • ステークホルダーの定義
  • 社会・環境報告書
  • 安全への取り組み
  • 社有林の保全
  • 地域貢献への取り組み
  • フットサル部