電子部品の熱・電気・電磁波コントロール素材のことなら
電子部品の熱・電気・電磁波コントロール素材のことなら TOMOEGAWA
TOP > IR情報 > 2015年度 > 2015.11.10
2015年4月~2016年3月

IRトピックス(2015年度)

業績予想との差異に関するお知らせ

2015年11月10日
 平成27年5月15日に公表した平成28年3月期第2四半期累計期間の業績予想と実績に差異が生じましたので、下記のとおりお知らせいたします。

1.平成28年3月期第2四半期累計期間の業績予想と実績の差異
(平成27年4月1日~平成27年9月30日)

  売上高 営業利益 経常利益 親会社株主に
帰属する
四半期純利益
1株当たり
四半期純利益 
前回発表予想(A) 百万円
17,000
百万円
200
百万円
200
百万円
100
円 銭
1.96 
今回実績(B) 16,965 241 133 △4 △0.08 
増減額(B-A) △34 41 △66 △104
増減率(%) △0.2 20.9 △33.4
(ご参考)前第2四半期実績
(平成27年3月期第2四半期)
16,546 318 382 398 7.82 

2.差異の生じた理由
  第2四半期累計期間の業績につきましては、ディスプレイ関連製品の受注減少や洋紙関連の既存製品での市場縮小などによる減収があったものの、中国事業に関する子会社2社を新たに連結対象に加えたトナー事業と機能紙関連事業が堅調に推移したことや円安の恩恵もあり、売上高はほぼ業績予想値通りとなり、営業利益は業績予想値を上回る結果となりました。一方、経常利益は、ディスプレイ関連事業の持分法適用関連会社の業績が想定を下回り、持分法による投資損失が増加したことなどもあったことから業績予想値を下回りました。また、親会社株主に帰属する四半期純利益につきましては、取引先との契約解除に伴う損失を特別損失に計上したことなどにより業績予想値を下回りました。

 なお、平成28年3月期通期連結業績予想につきましては、堅調なトナー事業での売上増やエネルギーコストの削減、持分法適用関連会社の業績改善などが見込まれることから、現段階では修正はございません。

以上

  • トップメッセージ
  • 財務ハイライト
  • IRライブラリー
  • IRカレンダー
  • 電子公告
  • FAQ
  • 株式の概況
  • 免責事項