電子部品の熱・電気・電磁波コントロール素材のことなら
電子部品の熱・電気・電磁波コントロール素材のことなら TOMOEGAWA
TOP > IR情報 > 2011年度 > 2011.8.10
2011年4月~2012年3月

IRトピックス(2011年度)

平成24年3月期 業績予想の修正に関するお知らせ

2011年8月10日
 

 最近の業績の動向等を踏まえ、平成23年5月13日に公表した業績予想を下記のとおり修正いたしましたので、お知らせいたします。


1.業績予想の修正
(1)連結業績予想の修正
 第2四半期累計期間連結業績予想数値の修正(平成23年4月1日~平成23年9月30日)

  売上高 営業利益 経常利益 四半期純利益
前回発表予想(A) 百万円
19,000
百万円
900
百万円
900
百万円
550
今回修正予想(B) 18,000 400 500 300
増減額(B-A) △1,000 △500 △400 △250
増減率(%) △5.3 △55.6 △44.4 △45.5
(ご参考)前第2四半期実績
(平成23年3月期第2四半期)
21,260 1,552 1,405 916


 通期連結業績予想数値の修正(平成23年4月1日~平成24年3月31日)

  売上高 営業利益 経常利益 当期純利益
前回発表予想(A) 百万円
38,000
百万円
1,800
百万円
1,800
百万円
1,100
今回修正予想(B) 37,000 1,000 1,100 700
増減額(B-A) △1,000 △800 △700 △400
増減率(%) △2.6 △44.4 △38.9 △36.4
(ご参考)前期実績
(平成23年3月期)
41,626 2,581 2,484 1,725


(2)個別業績予想の修正
 第2四半期累計期間個別業績予想数値の修正(平成23年4月1日~平成23年9月30日)

  売上高 営業利益 経常利益 四半期純利益
前回発表予想(A) 百万円
11,000
百万円
500
百万円
500
百万円
300
今回修正予想(B) 10,000 0 100 80
増減額(B-A) △1,000 △500 △400 △220
増減率(%) △9.1 △100.0 △80.0 △73.3
(ご参考)前第2四半期実績
(平成23年3月期第2四半期)
12,961 1,050 996 645


 通期個別業績予想数値の修正(平成23年4月1日~平成24年3月31日)

  売上高 営業利益 経常利益 当期純利益
前回発表予想(A) 百万円
22,000
百万円
1,000
百万円
1,000
百万円
600
今回修正予想(B) 21,000 200 300 250
増減額(B-A) △1,000 △800 △700 △350
増減率(%) △4.5 △80.0 △70.0 △58.3
(ご参考)前期実績
(平成23年3月期)
25,363 1,707 1,644 1,139


(3)修正の理由
 当第1四半期の業績は、特に主力のプラスチック材料加工事業において、震災による消費者マインドの低下等から第1四半期後半にかけて一部主力製品の受注が急速に落ち込むなど、当初計画を下回る状況で推移いたしました。また、ここにきて、全般的に、震災影響による需給ギャップの解消に伴う在庫調整の動きもみられるようになりました。

 当社は、この受注減の環境が暫く継続するものと予想する中で夏期休暇期間を挟んでの操業調整を強化することを計画、これに直近の急激な円高の進行に伴い輸出案件の採算性が悪化するといった影響を加味し、平成23年5月13日付けで公表した第2四半期の連結及び個別の業績予想を修正いたします。

 また、年度後半の経済環境につきましては、新興国の景気回復の鈍化や欧米の景気停滞といったことに加え、円高の進行・定着など、先行きが非常に不透明な状況にあります。このような状況下、当社グループは、国内外拠点の連携を図り、生産体制の更なる効率化を進めるとともに、営業活動の強化と開発活動の前倒しにより新規案件の確実な成約を目指す等の施策を強化してまいります。その上で、第2四半期の業績予想を踏まえ、平成23年5月13日付けで公表した通期の連結及び個別の業績予想を修正いたします。

※上記の予想は、本資料の発表日現在において入手可能な情報に基づき作成したものであり、実際の業績は今後様々な要因によって予想数値と異なる場合があります。


以上

  • トップメッセージ
  • 財務ハイライト
  • IRライブラリー
  • IRカレンダー
  • 電子公告
  • FAQ
  • 株式の概況
  • 免責事項