電子部品の熱・電気・電磁波コントロール素材のことなら
電子部品の熱・電気・電磁波コントロール素材のことなら TOMOEGAWA
TOP > IR情報 > 2011年度 > 2011.11.10
2011年4月~2012年3月

IRトピックス(2011年度)

業績予想との差異に関するお知らせ

2011年11月10日
 平成23年8月10日に公表した平成24年3月期第2四半期累計期間の業績予想と実績に差異が生じましたので、下記のとおりお知らせいたします。


1.平成24年3月期第2四半期連結累計期間の連結業績予想と実績の差異
  (平成23年4月1日~平成23年9月30日)

  売上高 営業利益 経常利益 四半期純利益
前回発表予想(A) 百万円
18,000
百万円
400
百万円
500
百万円
300
今回実績(B) 17,842 286 211 64
増減額(B-A) △157 △113 △288 △235
増減率(%) △0.9 △28.5 △57.8 △78.4
(ご参考)前第2四半期実績
(平成23年3月期第2四半期)
21,260 1,552 1,405 916


2.平成24年3月期第2四半期累計期間の個別業績予想と実績の差異
 (平成23年4月1日~平成23年9月30日)

  売上高 営業利益 経常利益 四半期純利益
前回発表予想(A) 百万円
10,000
百万円
0
百万円
100
百万円
80
今回実績(B) 10,096 24 61 68
増減額(B-A) 96 24 △38 △11
増減率(%) 1.0 △38.8 △13.9
(ご参考)前第2四半期実績
(平成23年3月期第2四半期)
12,961 1,050 996 645


3.差異の生じた理由

 第2四半期累計期間につきましては、主力のプラスチック材料加工事業において、東日本大震災による消費者マインドの低下や円高の影響等により、累計期間の中盤以降、厳しい状況が続き、特に連結の売上高及び営業利益において、前回の予想を幾分下回ることとなりました。

 これに加え、経常利益、四半期純利益につきましては、想定以上の急激な受注減に対処して工場の操業を休止し、「休止費用」を営業外費用に計上したことなどから、前回公表した業績予想を下回りました。

 なお、通期の業績見通しにつきましては、製品受注のサイクルと拡販活動による売上高の拡大、並びにコスト削減の推進を行うことで、現時点において修正しておりません。


以上

  • トップメッセージ
  • 財務ハイライト
  • IRライブラリー
  • IRカレンダー
  • 電子公告
  • FAQ
  • 株式の概況
  • 免責事項