電子部品の熱・電気・電磁波コントロール素材のことなら
電子部品の熱・電気・電磁波コントロール素材のことなら TOMOEGAWA
TOP > IR情報 > 2014年度 > 2015.2.10
2014年4月~2015年3月

IRトピックス(2014年度)

平成 27 年3月期 業績予想の修正に関するお知らせ

2015年2月10日

 最近の業績の動向等を踏まえ、平成26 年5月15 日に公表した平成27 年3月期通期業績予想を下記のとおり修正いたしましたので、お知らせいたします。



1.平成 27 年3月期連結業績予想数値の修正
 (平成26年4月1日~平成27年3月31日)

  売上高 営業利益 経常利益 当期純利益
前回発表予想(A) 百万円
35,000
百万円
1,000
百万円
800
百万円
500
今回修正予想(B) 35,000 600 800 300
増減額(B-A) 0 △400 0 △200
増減率(%) 0 △40.0 0 △40.0
(ご参考)前期実績
(平成26 年3月期)
34,613 918 980 606

2.平成 27 年3月期個別業績予想数値の修正
 (平成26年4月1日~平成27年3月31日)

  売上高 経常利益 当期純利益
前回発表予想(A) 百万円
23,000
百万円
50
百万円
30
今回修正予想(B) 23,000 50 △100
増減額(B-A) 0 0 △130
増減率(%) 0 0 -
(ご参考)前期実績
(平成26 年3月期)
19,792 323 275


3.修正の理由
 通期業績予想につきましては、注力している新製品の立上げが第4四半期にずれ込む予定となり、本格的な収益への貢献は来期以降となる見込みとなったことに加え、トナー関連事業での円安による想定以上の収益効果はあるものの、米国事業の回復遅れと期前半における在庫調整の影響などもあり、連結営業利益は当初予想を下回る見込みとなりました。また、第3四半期において、旧新宮工場の熊野川取水口撤去工事を開始したことに伴って固定資産除却損を計上したこともあり、連結当期純利益及び個別当期純利益につきましても当初予想を下方修正することといたしました。

※上記の予想は、本資料の発表日現在において入手可能な情報に基づき作成したものであり、実際の業績は今後様々な要因によって予想数値と異なる場合があります。


以上

  • トップメッセージ
  • 財務ハイライト
  • IRライブラリー
  • IRカレンダー
  • 電子公告
  • FAQ
  • 株式の概況
  • 免責事項