電子部品の熱・電気・電磁波コントロール素材のことなら
電子部品の熱・電気・電磁波コントロール素材のことなら TOMOEGAWA
TOP > 製品・技術情報 > エレクトロニクス関連商品 > 接着シート
エレクトロニクス関連商品・その他

接着シート

概略

巴川独自開発の処方をベースに薄膜塗布技術にて均一な厚さにシート形状化した接着剤です。加熱することにより接着し、工程の簡素化や軽量化が可能です。ご要望の特性に応じてご提案いたします。

用途・特長

★ ハイブリッド接着シート "SJ-41"
- 熱硬化タイプ樹脂と熱可塑タイプ樹脂をブレンドした接着シートです。
- 耐熱性、電気絶縁性、気密性、水密性、耐油性に優れています。
- 仮接着温度100℃、本硬化温度150~200℃/0.5~1時間。
- 異種材料の接合に適しています。
- 接合後にプレスや曲げ加工ができます。
- 基材を入れた両面接着タイプ・片面接着タイプもご提案可能です。
製品名称
 熱分解温度
 ℃
 絶縁破壊電圧
 KV/mm
 接着力(*1)
 N/cm
 連続耐熱温度
 ℃
 SJ-41  350  230  17  150


(*1): アルミ材に対する90度ピール強度(150℃/1000時間後測定)

【用途】 電気・電子部品の接着
      金属や樹脂等の接着、金属と樹脂一体成型時の密着向上等

【層構成】


  • 製品のご紹介
  • 熱・電気・電磁波コントロール関連製品
  • 新製品
  • エレクトロニクス関連製品
  • ディスプレイ関連製品
  • 微粒子製品(トナー等)
  • 機能性シート製品
  • 特殊紙製品
  • 光部品関連製品
  • 技術のご紹介
  • 「ものづくり」のご紹介
  • 研究開発(新規テーマ開発技術)
  • 生産技術
  • 品質保証・環境対応
  • 分析/評価技術
  • 供給/物流体制