電子部品の熱・電気・電磁波コントロール素材のことなら
電子部品の熱・電気・電磁波コントロール素材のことなら TOMOEGAWA
TOP > 製品・技術情報 > ものづくりのご紹介 > 研究開発(新規テーマ開発技術)
ものづくりのご紹介

研究開発(新規テーマ開発技術)

「全員参加の開発型企業」として新製品、新事業の創出に邁進しています

加工技術・処方技術・評価技術のコア技術を強化し、新素材、新技術との融合を図ることで、数々の世界初・日本初の製品を送り出して来たTOMOEGAWAのR&D。経営資源を「熱・電気・電磁波コントロール材料」の重点分野に集中させ、2016年4月からは、当社コア技術と顧客ニーズのマッチングを一元的に行うことをめざして新しい組織、「事業開発本部」が発足しました。多様化するニーズに対応した様々なソリューションを、独創的な製品・技術のシーズ開拓を図りながら、タイムリーに提案しています。

TOMOEGAWAの研究開発方針

重点分野への経営資源投入の期待効果




事業開発本部の組織


拠点:静岡事業所内

事業開発本部の主な保有設備

 

写真:ミリ波帯電磁波測定装置(フリースペース法)

人材育成体系・人材育成教育

研究開発職の人材育成方針


当社は「全員参加の開発型企業」をスローガンに「自律的人材」の育成を目指しています。全社の研究開発職に対しては人事グループの教育基本計画に加え、新製品創生に向けた組織力の向上を狙いとした以下の教育を実施しています。

1)研究開発の基礎・基本を身につける活動
材料知識、科学知識、業界知識、行動規範、特許出願、技術マネジメント、事業戦略などの基礎・基本を習得するためのOFF-JT教育、社内の技術発表、人脈形成のため各種セミナー、学会、異業種交流会への参加などの活動を行っています。

2)専門分野の指導者によるOJT
主に実践の場(現場)で指導者が直接、ある一定期間のOJT教育を実施しています。

事例紹介:全社開発フォーラムの開催


研究開発の基礎・基本の習得、人材交流、更にはイノベーティブな活動への展開などの取り組みの一つとして、全社開発フォーラムを開催しています。

1)目的

「開発・技術」の見える化と技術の有効活用。

2)狙い

TOMOEGAWAの技術は非常に多岐に亘り、また専門的です。
全社で取り組んでいる技術を各人が把握し、その中で様々な視点から議論することができれば、技術の深耕や技術者の成長が成され、技術の有効活用への可能性も広がります。
開発フォーラムは4回/年程度開催しており、ポスターセッション形式やプレゼンテーション発表形式などがカリキュラムとして組み込まれています。

研究発表会


ポスターセッション

事例紹介:知財教育


1)知財戦略

当社の知的財産戦略は、第6次中期経営計画の方針として、『全社一丸となって、知的財産を活用して、当社の事業領域に適切な参入障壁を構築し、市場で有利な地位を築く』をスローガンに活動をしております。特に競合の参入障壁をつくるために、新製品の事業戦略の一環となる知的財産権の取得を、開発段階から目指す活動を行っております。
具体的には、①重点分野(iCas)の知的財産権の取得促進、②同分野のノウハウの蓄積と管理、③保有する知的財産の有効活用、④知財関連の教育の強化、⑤知財情報解析手法の応用展開などを重点施策として取り組んでいます。

2)知財教育
<経営層、技術職(研究開発職)、営業職別の教育>
知的財産戦略実現のための教育として、①知的財産の活用方法、②契約/交渉力の強化、③当社知的財産情報の周知について、職種別・階層別の情報共有及び教育訓練を実施しています。
経営層では、知的財産状況連絡会にて議論、技術職には、3年サイクルでの勉強会を実施、営業職には、知的財産全般の基礎知識と、商標、不競法を中心に教育、知的財産管理技能士の資格取得の助成を行っています。


技術ポートフォリオ

各技術については「技術のご紹介」をご覧ください

カテゴリ 抄紙事業 粘着・塗工事業 粉体事業

処方技術

機能性繊維、無機顔料担持シートの設計

高耐熱・高絶縁 粘・接着剤の設計、硬化系樹脂の設計

熱可塑性樹脂の設計

加工技術

叩解、湿式抄紙、カレンダー、含浸

分散、調液、厚膜・薄膜・UV 塗工、ラミネート、スリット

混練、粉砕、分級、混合

評価技術

熱特性、電気特性、物理特性、粘弾性特性、形態観察、表面解析、微量成分解析、組成分析、環
境分析

処方技術:商品差別化の源泉となる新たな価値を、顧客等との協業で生む、核となる技術
加工技術:当社事業を支える基礎であり、顧客ニーズに迅速に応えることができるコア技術
評価技術:多様な評価技術を駆使して製品開発や品質維持向上をサポート

  • 製品のご紹介
  • 熱・電気・電磁波コントロール関連製品
  • 新製品
  • エレクトロニクス関連製品
  • ディスプレイ関連製品
  • 微粒子製品(トナー等)
  • 機能性シート製品
  • 特殊紙製品
  • 光部品関連製品
  • 技術のご紹介
  • 「ものづくり」のご紹介
  • 研究開発(新規テーマ開発技術)
  • 生産技術
  • 品質保証・環境対応
  • 分析/評価技術
  • 供給/物流体制