電子部品の熱・電気・電磁波コントロール素材のことなら
電子部品の熱・電気・電磁波コントロール素材のことなら TOMOEGAWA
TOP > 製品・技術情報 > 機能性シート製品 > 飛散防止フィルム ソフトルックUV50 日照調整フィルムUV/IR50
機能性シート製品

窓貼りフィルム

外観保持や飛散防止、紫外線・赤外線カットを容易に実現

概略

近年、窓ガラスに対して、地震等による二次災害への対策や、地球温暖化による省エネ対策等、さまざまな効果をご要望されるお客様が増えています。さまざまなご要望に対し、TOMOEGAWAでは既存のガラスにフィ ルムを貼るだけで、ご要望にお応えできる窓貼りフィルム『ソフトルック』を製造・販売しています。
透明度が高いため外観の保持に有効なだけでなく、ガラスの飛散防止による防災・防犯効果、紫外線・赤外線カットなどを容易に実現します。

用途

ラインナップ

製品名 単位 Unit CA100
寸法 970mm x 50m
1250mm x 50m
980mm x 50m
1250mm x 50m
基材 PET 50μm PET 50μm
用途 建材・産業用
※内貼り用
建材用
※内貼り用
構成
ハードコート層 3μ
PET 50μ
UV練り込み粘着層
剥離フィルム(PET 38μ)
ハードコート+熱線吸収層
PETフィルム
UVカット粘着層
剥離フィルム(PET 38μ)

特長

外観維持


優れた透明性により、現在ご使用しているガラス本来の色目を維持することができます。

窓貼りフィルム可視光線透過率

  透明飛散防止 透明断熱
当社 89% 86%
A社 85% 75%
B社 88% 66%
C社 88% 79%
D社 90% 70%

 

飛散防止効果


「ソフトルック」はガラスに直接貼り付けることで、ガラスが破損した場合でも、飛散・ 落下を防止して二次災害を最小限に留めます。※JIS A 5759に適応

ガラス飛散防止性能試験(JIS A 5759)

A法:衝撃による飛散防止試験
飛散したガラスの大きな破片を10個選び出し、
その総重量が80g以下であり、且つ落下した
1片 の質量が55g以下であること
B法:ひずみによる飛散防止試験
飛散したガラスの質量を全ガラス質量で除して飛散
防止率を算出し、その値が95%以上であること





紫外線カット効果


日焼けから肌を保護し、家具・畳・絨毯の色褪せ・変色劣化を抑制します。


断熱効果(※UV/IR50)


外光からの、1,350nm領域以降の波長をカットします。また冷房機器をご使用の際には冷房効果がアップするため、省エネ効果にもなります。

効果・光学特性一覧

  透明性 飛散防止 紫外線カット 断熱性能 ハードコート性 遮蔽 係数 日射 可視光線透過率 紫外線透過率 熱貫
流率W/m2K
反射 透過 吸収
UV50 0.95 8% 80% 12% 88%
以上
3%
以下
6.0
UV/IR50 0.80 8% 65% 27% 86%
以上
1%
以下
5.8

主な施工事例

県名 現場名 県名 現場名
東京都 六本木ヒルズ内ホテル 広島県 ANK本社
東京都 富士写真フィルム株式会社(本社) 山口県 宇部空港トップライト
東京都 城北学園 山口県 湯田温泉公立学校共済組合保養所
神奈川県 小田原駅(新幹線ホーム) 福岡県 ダイエー豊浜店
静岡県 浜松市立元城小学校2校 福岡県 北九州自然史博物館
静岡県 浜松市立新津中学校他4校 福岡県 キャナルシティーコムサ
静岡県 森本小児科医院 長崎県 佐世保保育園たんぽぽ
静岡県 いづみ第二幼稚園 長崎県 GAP
静岡県 JT磐田 長崎県 長崎水族館
静岡県 ジャスコ袋井店 熊本県 熊本放送新社屋
静岡県 サンセイ自動車 熊本県 熊商体育館
静岡県 スターネット掛川 長崎県 長崎県駅再開発フランフラン
  • 製品のご紹介
  • 熱・電気・電磁波コントロール関連製品
  • 新製品
  • エレクトロニクス関連製品
  • ディスプレイ関連製品
  • 微粒子製品(トナー等)
  • 機能性シート製品
  • 特殊紙製品
  • 光部品関連製品
  • 技術のご紹介
  • 「ものづくり」のご紹介
  • 研究開発(新規テーマ開発技術)
  • 生産技術
  • 品質保証・環境対応
  • 分析/評価技術
  • 供給/物流体制