電子部品の熱・電気・電磁波コントロール素材のことなら TOMOEGAWA
TOP > 最新情報 > 2012年度 > 2012.11.15
2012年4月~2013年3月

TOPICS(2012年度)

東京都が静岡事業所の特定温室効果ガス排出量削減を認定。

 TOMOEGAWA静岡事業所は、2007年にボイラー燃料を重油からLNGへ転換し、その後の各種省エネ施策の実施により、温室効果ガスの排出削減に多大な効果を上げています。この削減実績を東京都が2010年4月より導入した「都外クレジット」制度に申請し、2012年10月22日に東京都知事より認定通知書を頂きました。

 都外クレジットとは、東京都が独自に導入した温室効果ガスの排出量取引であり、都外事業所の排出削減量を取引によって、都内事業所の削減義務に充当できるものです。

 2004年度から3年間のエネルギー使用実績値と、2010年度の使用実績値を、都が定めるガイドラインにそった算出方法で排出量を算出し、静岡事業所で売買できるクレジット量は9,006t-CO2/年と算出されました。排出量取引が可能になる2015年4月以降では、5年分のクレジット予定量として45,030t- CO2を見込んでいます。この値は、本制度の第一計画期間(2010-2014年度)に申請をした全国で11社の全クレジット量の46%に相当します。

 今後は、年度毎に排出量実績を報告して行きますので、引続き省エネ施策の実施にご協力をお願い致します。

※認定通知書

以上

TOPICS
  • 新着情報・更新履歴
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • 免責事項