電子部品の熱・電気・電磁波コントロール素材のことなら TOMOEGAWA
TOP > 最新情報 > 2017年度 > 2017.8.17
2017年4月~2018年3月

TOPICS(2017年度)

当社音響材料が、国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構(JAXA)様の計測機器に採用されました

2017年8月17日

  ステンレス繊維シート技術を用いて開発された、当社音響材料:音響透過板(TTPシリーズ)は、実際に発生しているほぼすべての音を透過する一方、風雑音やPOP音(破裂音)を極めて効果的に低減させる機能があり、音響関連分野で好評をいただいております(図参照)。
 また、ステンレス繊維を用いることで、耐水性や耐食性などの環境負荷耐性も有することから、屋外で用いられる計測機器用途などで、広く検討をいただいております。

 今回、JAXA様では、ロケット発射時の騒音の測定用マイクにおいて、防水性と雑音カット性能を付与する目的で、当社全音響透過板を採用いただきました。
 当社製品の組み込みにより、有益なデータが採取できたとのご評価をいただいております。


当社音響透過板(TTPシリーズ)

測定用マイク
(キャップ部に当社製品を組み込み)
※㈱アコー様ご提供





騒音測定試験の様子
※JAXA様ご提供

【図】雑音カット性能測定例
※㈱Sound Concierge様ご提供


 

 当社では、ユニークな特性を有する、金属、樹脂等からなる多孔質材料を順次展開してまいります。特に、音に着目した多孔質材料は、今後も、各種需要が広がると見られ、本格的な事業展開を目指してまいります。



-音響関連領域への展開例-



折りたたみ式風力発電用
全天候ウインドスクリーン

※㈱アコー様ご提供

屋外用ガンマイク



音響透過板へのリンク

   http://www.tomoegawa.co.jp/product_tech/new_product/onkyo.html

以上

お問い合わせ先:TOMOEGAWA 事業開発本部 Tel 03-3561-7131
TOPICS
  • 新着情報・更新履歴
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • 免責事項