電子部品の熱・電気・電磁波コントロール素材のことなら TOMOEGAWA
TOP > 最新情報 > 2018年度 > 2019.1.16
2018年4月~2019年3月

TOPICS(2018年度)

株式会社ほぼ日の糸井社長と社員の皆さんが静岡事業所に来訪


2019年1月16日

  2018年11月21日、静岡事業所を株式会社ほぼ日の糸井重里社長と社員の皆さんが来訪されました。毎年発行される人気の手帳「ほぼ日手帳」に長年採用されている「トモエリバー」について、工場見学や井上社長、事業部担当者との交流を通じて、より一層理解を深めていただく絶好の機会となりました。

 会社紹介動画の上映で当社の会社概要を掴んでいただいた後、ショールーム『共創空間』にて、世界に数台しか残っていないドイツ製の実験用抄紙機「ケンメラー」を用いて、トモエリバーが出来上がる工程や特長を説明しました。そして、実際にトモエリバーのパルプを使用した紙抄き体験にチャレンジしていただきました。秋らしい落ち葉を差し込んで、はがきサイズの手作りトモエリバーが完成。上品な仕上がりに思わず“にんまり”されていた糸井社長の表情が印象的でした。工場見学では、実際の製造工程を目の当たりにした一行は、その規模、音、迫力に圧倒されていました。熱心に質問されたり、手にとってご覧になられたり、糸井社長やほぼ日の皆さんの好奇心旺盛さが随所に垣間見られました。また、消費者のニーズに対する当社の対応力・技術力に驚かれ、さらに、井上社長と糸井社長による、付加価値を追求する開発志向、アイデアを生み出すアクティビティーの大切さ、紙だからこその有用性など、会話は尽きることなく盛り上がり、「今日は本当に訪れてよかった」と糸井社長にも満足していただけました。糸井社長やほぼ日の皆さんとの交流を通じて、当社としても得るものが多かった1日となりました。 当日の様子は、「ほぼ日刊イトイ新聞」の内の「イトイのお礼行脚」のページでも紹介されていますので、ぜひご覧ください 。

https://www.1101.com/store/techo/ja/orei/index.html



-当日の様子-

    

 製造工程などを説明                  エンジョイ紙抄き体験(1)


  

    

 エンジョイ紙抄き体験(2)              興味津々!


  

         

 糸井社長と井上社長                   記念撮影


以上

TOPICS
  • 新着情報・更新履歴
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • 免責事項