電子部品の熱・電気・電磁波コントロール素材のことなら

CSR環境

環境活動

TOMOEGAWA では、生態系に配慮した資材調達や環境貢献活動の実施に加えて、世界遺産で有名な熊野山地に社有林を保有し、その保全や育成活動を積極的に行っております。また、地域の環境保全として全拠点において、事業所・工場周辺の清掃や、省エネ・排水の適正処理などに努めております。

更に化学物質や安全保障輸出管理などの各種法令や国際ルールに則して、原材料から製品、物流・廃棄に至るまで、サプライチェーン全体で万全の管理体制を構築しています。

社有林

那智大滝に隣接する高山
那智大滝に隣接する高山

森林は、国土の保全、水源のかん養、生活環境の保全、保健休養の場の提供や木材などの林産物の供給等、多様な機能を持っており、TOMOEGAWAは和歌山県、三重県、奈良県の紀伊半島に3,031haの社有林を保有し、森林育成を通じて環境保全活動を行っています。


森林育成活動

社有林での間伐作業
社有林での間伐作業

森林の育成は長期に亘り、幾重にも作業を行うことで成長した後に木材などの林産物とし供給されます。TOMOEGAWA社有林では、植林されたスギ・ヒノキを対象に下刈り、除伐、枝打ち、間伐などの作業を立木の成長に応じて計画的に行い、健全な森林作りに努めています。


責任ある原料調達

TOMOEGAWAでは、抄紙製品の原材料である木材調達を通じて環境保全および持続可能な森林経営の推進に取り組んでおります。一部の製品で世界的な森林認証制度であるFSC®(Forest Stewardship Council®)認証を得ています。

FSC認証登録証はこちら (PDF 396k)


TOMOEGAWA の SDGs への取り組み

TOMOEGAWAは、環境関連を中心としたSDGs に対応する製品の開発、拡充を進めています。原材料や省エネルギー、CO2 の発生抑制や削減など製品製造において環境に配慮するだけでなく、製品を使用していただくことにより、衛生改善、有害化学物質対策、廃棄物削減、沿岸・海洋保全、環境に配慮した技術・産業プロセスなどに貢献する製品群を「グリーンチップ®」と称してブランド展開を図っていきます。

*SDGs:持続可能な開発目標。2015 年9 月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030 アジェンダ」にて記載された2016 年から2030 年までの国際目標です。

SDGs対応の新製品についてはこちら (PDF 6,508k)


省エネの取り組み

TOMOEGAWAでは、電力、ガスなど多くのエネルギーを使用して生産活動を行っていることから、2011 年度から本格的に省エネ活動を展開し、エネルギーの無駄の削減、効率的な使用を進めてきました。これまで、エネルギー消費の少ない新鋭設備への更新、構内に分散していたエネルギー多消費設備の集約による効率化などを実施し、成果を上げてきました。

2019 年度は、2018 年度末に新たに導入したコジェネレーションシステム*(ガスエンジン発電設備)の効率化に取り組みました。具体的には、排出され温水として捨てていた熱エネルギーの一部を熱交換器で回収し、ボイラー用給水の加温への活用を開始しました。

*コジェネレーションシステム

複数のエネルギーを同時に生産し供給するしくみのこと。発電装置を使って電気をつくり、次に、発電時に排出される熱や温水などを回収して無駄なく再利用するシステムです。

TOMOEGAWAにおけるINPUT/OUTPUT(生産活動における物質収支)はこちら (PDF 6,508k)

TOMOEGAWAの各種環境データはこちら (PDF 6,508k)



その他の環境活動、および詳細は『社会・環境報告書』をご参照ください。

お気軽にお問い合わせください